まめちの本棚

Twitterで書ききれない話題をこちらに纏めています。

【書評】『"羽田の空"100年物語』近藤晃

f:id:m0mch1:20170816201508j:plain

 大学で歴史学を学んだということもあってか、私は身近な事物の歴史を知ることが好きだ。全ての物事につき、過去の行いや決断の積み重ねの結果として「いま」がある。だから、ある物事をよく知るためにはその物事の由来を知るのが最良である-こういう風に思っている。

 また、私は乗り物、特に旅客機やそれにまつわる色々なものが好きだ。旅客機は見た目が恰好いい。旅客機に乗って空を飛ぶこともワクワクして楽しい。加えて、旅客機の開発・運行・整備や、その進歩の歴史は、そのまま人類の英知の発展の歴史であり、知的好奇心を刺激されてやまない。

 という訳で、旅客機の歴史にはもともと関心があったところ、職場の近くの本屋で本書『“羽田の空”100年物語: 秘蔵写真とエピソードで語る (交通新聞社新書)』を見かけて購入した次第である。

 本書は、タイトルの通り、羽田空港の開港から現在に至るまでの歴史を、豊富な写真で振り返るものである。今年(2017年)は大正6年(1916年)に羽田町・穴森に「日本飛行学校」が開校してからちょうど100年を迎えるという。同校が開校したころの羽田の地は、遠浅の海岸を利用した海苔の養殖や魚介類の漁が行われる風光明媚な漁村であったそうだ。同校の設立場所に当地が選ばれた経緯は本書には触れられていないが、潮が引くと広大な砂地が出現するという地形が選定理由だったのかもしれない。

 その後、日本が国力を増大させ、また飛行機の技術が進歩するとともに、羽田空港大日本帝国の帝都・東京の玄関口として急速に拡大していく。国内の航空路線網は言うに及ばず、昭和15年には東京~バンコク間の定期航空便が開設されたという。

 敗戦とともに、羽田空港GHQに接収され「ハネダ・エアベース」と呼称されるようになる。「ハネダ」が「羽田」に戻るには、サンフランシスコ講和条約が発効し接収が解除される昭和27年まで待たねばならなかった。

 日本の国際的地位の回復と経済成長に伴う航空輸送需要の拡大や、航空機の大型化といった要因に促され、羽田空港は拡張工事を重ね、現在の体制(4本の滑走路、3棟のターミナルビル)に落ち着く訳だが、本書が面白くなるのは話が昭和50台ごろに差し掛かってからである。著者の近藤氏が撮りためた秘蔵写真が一つ二つと開陳され出すからである。

 近藤氏は、昭和50年から職業カメラマンとして羽田空港の写真を撮り続けてきており、一般人が撮影できない場所から撮影する機会にも頻繁に恵まれたそうだ。各国のVIPが東京を訪問した際に撮影した写真や、羽田空港の拡張工事を間近でとらえた写真が本書に多数掲載されている。どれも貴重なものである。

 昭和61年5月にミッテラン大統領大統領一行を載せて飛来した際に撮影された、エールフランスコンコルド2機が写った写真や、平成2年にチャールズ皇太子とダイアナ妃が来日した際に、「JAL」のロゴが入ったタラップを降りる写真などが興味深い。羽田空港は、成田空港が開港してからも、東京中枢部に最も近い空港は羽田空港であることに変わりなく、東京を訪れる要人にとっての「玄関口」であり続けたのである。

 上述したように、本書では羽田空港の歴史にかかわる写真が多数紹介されており、読んでいて飽きがこない。年に数回でも、羽田空港を利用する機会がある人は、きっと興味深く読めることと思う。

 なお、類書として本書『航空から見た戦後昭和史:ビートルズからマッカーサーまで』も紹介したい。こちらのほうが内容は遥かに濃く、掲載されている写真の稀少度も高い。ぜひ手に取っていただきたい一冊である。 

航空から見た戦後昭和史:ビートルズからマッカーサーまで

航空から見た戦後昭和史:ビートルズからマッカーサーまで

 

 扱う対象は航空機に限定されないものの、「時刻表の変遷から近現代の世界史を読み解く」 というユニークな切り口の本書『時刻表世界史―時代を読み解く陸海空143路線』もオススメである。

時刻表世界史―時代を読み解く陸海空143路線

時刻表世界史―時代を読み解く陸海空143路線

 

 戦前~戦中にかけての日本の外洋交通について興味がある方には、本書『帝国日本の交通網: つながらなかった大東亜共栄圏』もお勧めしたい。 

【書評】『戦艦大和の最後~一高角砲員の苛酷なる原体験』坪井平次

f:id:m0mch1:20170815204553j:plain

戦艦大和の最後―一高角砲員の苛酷なる原体験 (光人社NF文庫)

終戦記念日と被ることもあり、毎年7~8月にはできるだけ戦争関係の本を多く読むようにしている。7月末に実家に帰省したおり、実家の自室の書架から本書を見つけたので持って帰って読むことにした。(中に挟まっていた栞に印刷されていた美術展の広告から察するに、高校生の頃に買い求めたものらしい。一度は読んでいると思うのだが、全く内容が記憶にない)

 本書は、著者である坪井氏が徴兵されて戦艦「大和」所属の兵卒として従軍し、終戦を経て除隊するまでの一連の出来事を綴ったものである。

 大正11年に三重県熊野市で生まれた坪井氏は、昭和17年に三重県師範学校を卒業したのち郷里の国民学校の訓導(教師)となる。昭和18年4月に徴兵され海軍に入り、戦艦「大和」配属となり五番高角砲員となる。マリアナ沖海戦、レイテ沖海戦を経験したのち、沖縄特攻作戦に従軍。「大和」の沈没に巻き込まれるも九死に一生を得る。終戦後は教師として復職し、のちに校長を務めるなど教育界で大いに活躍されたようだ。

 従軍してからの顛末は、それまでの平穏な日々の描写と同様、淡々とした書きぶりで綴られているのが印象に残った。戦争が終わって何年も経ち、自身の経験した苛烈な経験を冷静に振り返ることができた、ということなのだろうか。

その淡々とした筆致は、本書で最もハードな場面においても変わらない。「大和」沈没後に漂流していたところを、僚艦であった駆逐艦雪風」に救助されるシーンである。「雪風」からたらされたロープにやっとの思いで掴まったものの、

私の足にしがみついてきた者があった。私は、見栄も外聞もなく、足を振ってその手を逃れたのである。生死の関頭に立たされた私のエゴであった。気の毒だが、やむを得ない。許してくれよと、心中でそう詫びた。(P274)

芥川龍之介の『蜘蛛の糸』を髣髴とさせるシーンである。これ以上の修羅場があるだろうか。このような経験を書き残すのは大変な心理的重圧があったものと推察するが、事実を書き残した著者の勇気には感服せざるを得ない。

三重県の片田舎で教職を務めていた坪井氏は、戦争さえなければ本書で綴られるような過酷な体験をすることなく、平穏無事に一生を過ごせたことであろう。それだけに、「徴兵」というシステムで国民の人生を翻弄する国家権力の暴力性には慄然とさせられる。

戦艦大和の最後―一高角砲員の苛酷なる原体験 (光人社NF文庫)

戦艦大和の最後―一高角砲員の苛酷なる原体験 (光人社NF文庫)

 

【書評】『在日マネー戦争』朴一

f:id:m0mch1:20170815193318j:plain

 職業柄、金融関係のドキュメンタリー本を折をみてはチビチビと読んでいる。その多くは日本の大手金融機関を扱ったものだが、今回紹介する『在日マネー戦争 』は、在日コリアンが設立した金融機関を取り上げているという点で若干毛色が事なる作品である。 

 本書は、戦後の大阪を舞台に、在日金融機関の設立・再編を巡る歴史と、それに纏わる人間ドラマを綴ったものである。物語は、焼き肉屋が所狭しと立ち並ぶ日本屈指のコリアタウン・鶴橋から始まる。当時の鶴橋一帯は猪飼野と呼ばれ、生活の糧を求めて朝鮮半島から渡ってきた移民労働者が多く居住する地域であった。

 戦後、当地には闇市が立ち並び活況を呈することとなるが、やがてイリーガルな闇市ではなくきちんとした商行為が行われる「商店街」に生まれ変わらせようという機運が生まれる。この商店街結成にイニシアチブを取ったのが李熙健という男である。彼は鶴橋でゴム業を営む傍ら、高利貸しも手掛けていたことから、後に在日韓国人系の信用組合である「信用組合 大阪興銀」を設立することとなる。在日韓国人たちが自前で金融機関を設立した背景には、日本の金融機関の在日韓国人に対する消極的な取引姿勢があった。

在日コリアンはやがて帰国するかもしれない」という思惑のほか、少数民族問題の種となることを恐れて在日コリアンを祖国に帰国させたい日本政府と、彼らの祖国への帰国問題を戦後補償の政治カードとして利用したいと考える韓国・北朝鮮両政府との間で日韓・日朝交渉が難航しており、在日コリアンの法的地位が流動化しているという政治情勢があった*1

 かくして、日本一小規模な信用組合としてスタートした大阪興銀が最初に手を付けたのは預金の獲得であった。金融機関が事業を拡大するには、何を差し置いても投融資の原資である預金を大量に集める必要がある。理事長に就任した李は、職員に厳しい預金獲得ノルマを課し預金獲得競争に明け暮れた。その苛烈なエピソードは読んでいて胃痛を催すほどである(笑)。

 大阪興銀の融資姿勢は、日本の金融機関が「リスクが高い」として忌避してきたビジネスに積極的に融資するというものであった。焼き肉店、パチンコ、ファッションホテルソープランドなどがそれである。

各支店から在日コリアンの職員をそれぞれの現場に派遣し、そこで実際に働かせることで、徹底的に在日の商店や企業を研究させ、「担保不足でも貸せるかどうか」の業種別の融資基準を作らせた。この結果、たとえ担保がない場合でも、焼肉のタレの味やパチンコ台の性能を担当者が評価して融資することが、大阪興銀では可能になった(キンドル版 位置750)

 …と、今はやりの「事業性融資」を先取るような事業戦略を取っていたことを伺い知ることができ興味深い。このほかにも、大阪興銀はあの手この手で顧客を獲得し業容を拡大していくのだが、その手法についても本書で詳しく説明されており、「なるほど」と唸らされる。金融機関職員が読むと色々と気づきや学びがあるだろう。

 このように、日本の金融機関にはみられない(というかマネのできない)ユニークな事業戦略で拡大を続けてきた大阪興銀(合併を経てのちに「関西興銀」となる)だったが、紆余曲折を経たのち2000年に破綻し一旦その歴史を閉じることとなる。

 戦後から現在に至るまでの、在日韓国人系金融機関の興亡史は、そのまま在日韓国人が現在にいたるまで積み重ねてきた労苦の歴史であるといえるだろう。月並みだが、祖国を離れた地で生き抜くことの大変さをしみじみと語りかけられるような読後感だった。加えて、いかに商業的に成功しようとも、決して日本のエスタブリッシュメントの一員として迎えいれられることのない屈辱感を、世間一般に正業とされる「金融機関の設立」でもって拭おうとした、という読み方もできると思う。

歴史や政治に翻弄され続けた在日コリアンの悲しい歴史を、「金融」というユニークな切り口から著した良著である。皆さんにもぜひ読んでいただきたい。

在日マネー戦争 (講談社+α文庫)

在日マネー戦争 (講談社+α文庫)

 

*1:キンドル版 位置:354

【書評】『シグルイ』山口貴由・南篠範夫

f:id:m0mch1:20170812223746j:plain

シグルイ』という漫画が素晴らしかったので皆さんに紹介したい。軽い気持ちで1巻を読み始めたところ、のめり込んでしまいつい15巻全て読んでしまった。

シグルイ 1 (チャンピオンREDコミックス)

 ストーリー

 時は江戸時代初期。三代将軍家光の弟である徳川忠長は、短期で思慮に欠ける暗君であった。 忠長は、本来ならば木剣で行われるはずの御前時代を真剣で行うという暴挙に及ぶ。日本中から集められた名うての剣士の中に、本作の主人公・藤木源之助と伊良子清玄の名があった。

源之助と清玄は、かつては同流の剣術を極めんとする同輩であったが、様々な因縁が重なり宿敵として不倶戴天の仲となる。 御前試合の開始が告げられ、忠長をはじめ重臣たちの前に姿を現す二人。果たして戦いの結末は… といった感じの物語である。

物理的な残酷さ

 本作の第一の特徴は、その残酷な描写である。とにかく人が死にまくる。しかも目を覆いたくなるような残酷さで。首を切られる者、臓物を曝け出して惨殺される者、胴を真っ二つにされた挙句ミンチにされる者など、その死にざまは酸鼻を極める。飛び散った臓物や、人体の切断面の描写は(解剖学的に正しいかは不明だが)非常に丁寧になされており、作者の並々ならぬこだわりが感じられる。この辺の描写の好き嫌いは、「全く受け付けられない」から「興味深く読める」まで許容度の幅がありそうだが、自分はどちらかというと後者よりのようで、「人が斬られるとこんな風になるのかなぁ」と想像しながら興味深く読めた。

 なぜこのような残酷な描写がなされるのか?本作の原作『駿河城御前試合』を書いた南篠範夫は、第一巻のあとがきでこう書いている。

人間の感情が極端にはしるところに残酷はうまれる(中略)男の感情が最もはっきりと判るのは、残酷になった時である(中略)男の世界を現実につかみだすとすれば、それは残酷だ」

 なるほど、本作の登場人物(特に男)はみな激情に駆られ剣を振るい、人を傷つけ殺める。まさに「感情が極端にはし」っている。

 剣士たちは皆相当の手練れであり、剣術を人生における価値規範の最上位に位置づけている人間である。そんな彼らが文字通り命を懸けて闘う様を描写するには、やはり残酷でなければならないのだろう。

権力の残酷さ

 そんな手練れの剣士たちであっても、江戸幕府の政治体制や封建社会という大きな枠組みには対抗できず、どのような理不尽にも唯々諾々と従うという様が興味深い。その真骨頂といえるのが、真剣勝負をするために駿府に集まった剣士の一人を忠長が「手打ち」にするシーンである。

 平伏しており、自分に向かう刃が見えなかったとはいえ無抵抗のまま殺される剣士。もしも彼が個人として忠長と相対し刃を交えた場合、勝敗は火を見るよりも明らかであろう。しかし、「権力」という巨大な力の前には個人の身体的能力は無力に等しい。

 本作を読むと、「個性や人格は、体制や権力、組織といったものの前には無力である」という強烈なメッセージを感じ取る。今も昔も変わらない哀しい事実である。

 「並外れた才能や身体能力を持った個人も、制度や権力の前では無力である」 源之助も清玄も、ひいては忠長も、皆一様に封建社会という怪物に翻弄される存在にすぎないのではなかろうか。 

断酒のデメリットを2つ紹介します。

こんにちは、まめちです。

先日、「断酒のメリットを4つ紹介します。」という記事を書き、飲酒がもたらしたプラスの効果について記載しました。

今回は、逆に断酒のデメリットについて数点取り上げたいと思います。

①友人との交流が減る

自分から飲みに誘わなくなるので、自ずと友人と会う回数や、知らない人と会う回数が減ります。

もっとも、これについては「お酒を飲まないと維持できないような人間関係に意義はあるのか」という反論も可能だと思います。

なお、お酒を飲まなくなってから飲み会に何回か参加しましたが、ノンアルコール飲料や炭酸飲料などを飲んでいればそれなりにやり過ごせるようになりました。要は慣れの問題だと思います。

②「美味しいものを食べに行こう」という気がなくなる

酒を添えることで、食事のおいしさが引き立つ効果はあると思います。

「お酒を飲むと味覚が麻痺する。本当に料理をおいしく味わうにはアルコールがあってはいけない」と言われますが、あまり同意できません。

断酒のデメリットは限定的

お酒を飲まなくなることで発生するデメリットはこの程度なんですよね。

トータルすると断酒のメリットはデメリットを上回ると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。